居酒屋風本格中華 暁 千種本店の裏側のお話

当店のルーツ

当店がオープンに至った背景には、実はオーナーである僕に、ある強い想いがありました。

 

遡ること17年前、千種区内山町に僕の父が「聖ドラゴン」という中華料理屋を営んでいました。

当時まだ高校生だった僕は、毎晩店に足を運び、とにかく父の作る料理が大好きでした。

中でもエビマヨと回鍋肉は特に絶品でした。

ご近所の家族連れや会社員の方々、老若男女に問わず、常連客にも愛される、そんな店でした。

しかし現実はそう甘くなく、飲食店は味だけではやっていけないことを痛感させられ、オープンしてから約5年で

お店を閉めることになりました。

 

時が経ち、2018年に僕はWeb関係の会社を立ち上げました。

事業内容は飲食店などの店舗施設様に特化したウェブ集客ツールの販売です。

お陰様で今まで数百店舗様の集客に成功し、中には一部上場されている企業様もありました。

そして、ある時からこんな想いが芽生えるようになりました。

 

「自社でも飲食店を運営したい」

「もう一度お店でお父さんの作る料理が食べたい」

 

そんな想いから、2021年10月に、僕、そして父のルーツでもある千種区に第一号店となる「暁 千種本店」を

オープンすることに至りました。もちろん料理長は僕の父です。

 

そう!これは迷惑いっぱいかけてきた一人息子である僕なりの「親孝行」、そしてかつての

「聖ドラゴン」を応援してくださった方々への「恩返し」を形にしたものです!

 

そんなお店の名前が父の名前から一文字を取って

「暁〜AKATSUKI〜」と言います。

 

居酒屋風本格中華 暁 千種本店

オーナー 世羅 凱強

          

IMG_6488.jpg
親子の絆.JPG

息子:世羅 凱強(旧名 王 凱強) 父:王 暁東